純水/軟水 生産装置
水の中に硬度成分や汚れイオン分が有ると、困ったことが起こります。(軟水や純水として使う場合の事です)
この硬度成分(+イオン分)や全てのイオン分を交換除去して、目的の軟水や純水にする為の装置です。
(何十年も前から有る単純技術です。)
 
1. 目的や用途
 

1) ボイラーやクーラー等:配管や熱交換部の内面にコレステロール(スライム)が付着して能力が下がる。

       ・・・純水を管内へ補給して 改善します。

  2) 洗 濯 :クリーニング店等でも軟水は必需品です。洗濯能力がアップします。・・・軟水器が有効で必需品と成っています。 
  3) 食品工場:用水によって品質がアップし生産性もアップします。・・・軟水器純水器で対応出来ます。 
  4) 理化学分野:高度な部品洗いや医療品の洗い水、理化学薬品の薄め液に純水器が必需品です。
2. 水道水から純水や軟水を生産する装置イオン交換式
理化、実験向け 理化、食品工場、実験向け     工場系、食品工場向け
FRPボンベ
P-2,P-3 KTP-6.5 Ts-P2 Fx-P3 10〜120L純水器(各種)
この全ての製品は、純水用や軟水用のどちらも用意しております。
3. 実用例(堺市の食品工場へ設置)  1式 約1800万円

●井戸水を浄水や殺菌水や軟水にする装置(自動再生機能付き)です。本機は、100t/日生産が可。
●また本装置は 4〜5種の装置が複合されており、井水の中の トリクロロエチレンや有害物除去用の活性炭ボンベ及び    

  純水生産装置(RFS型)や大型軟水器殺菌水装置 及び各種の水の貯水用のタンク4ヶ(8,6,2,1トン用)も併設しています。
                                                                    

 

ろ過システム全体 

 

 

 

純水生産装置(6t/日)



 
 
4. 実用例(特殊実験装置) 65万円/2式
    ・フィルター缶→イオン交換樹脂を通水して特殊な水を純水化処理しています。
    ・120L/分のピッチで純水を冷却水として循環させて機械を冷却しています。
     この時の(熱交換時の)装置に接する水の汚れ分を吸着処理致します。
    ・2式有る為 パラレル運転で片方を定期的に休ませる事が出来ます。
   
5. 実用例:超純水装置(自動制御 付き)の2次装置としての色々
●Ro装置の2次的装置 ●井戸水から 15 t/日 の超純水
(15MΩ)を生産する2次装置として
●井戸水から40 t/日 の超純水
(12MΩ)を生産する2次装置として
純度コントロール(自動制御)付き   井戸水から超純水を生産(15t/日) 井戸水から超純水を生産(40t/日)
和歌山市化学工場
超純水 10 トン/日タイプ
5MΩ
・Ro ・制御盤 ・イオンボンベ2缶
  ・純水タンク ・UV一式
    ・各種フィルター
 
                      
純水や軟水化の原理:
タンクには砂の様なろ材が入っており、これに目的の原水を通すと硬度成分やイオン成分が吸着され軟水や純水になります(不純物が除去されます)。
  ・軟水用の場合: ろ材は塩水で約30分洗浄すると再生できます。(3〜5年間繰り返し再使用できます。単純な自動洗浄装置を要します。)
 ・純水用の場合: 酸やアルカリで洗浄して再生できます。(再生作業が難しいため専門の業者に任せます(但し、再生イオン材が数百リットル以上でないと受け付けてくれない)。
 ※性能や交換頻度は、ズバリ ろ材の容量と通水する水の濃度に左右される訳です。
   タンクが大きければ大きい程 洗浄頻度が少なく、さらに安定した水を多量に使用出来ますが 装置費が高価となる。
   タンクが小さい程その逆ですが、小さい装置に成るほど 費用は、安価に成る利点が有ります。